Welcome to Social Network Demo Site

Be part of the community and join us today!

Introducing the blue laser pointer

ブルーレーザーは、360〜480ナノメートルの波長の電磁放射を放出するレーザーであり、人間の目はそれを青または紫として認識します。

ブルーレーザーポインター紹介して

青いビームは、441.6nmのヘリウムカドミウムガスレーザーと458および488nmのアルゴンイオンレーザーによって生成されます。青いビームを使用する半導体レーザーは、通常、窒化ガリウム(III)(GaN;紫)または窒化インジウムガリウム(通常は純粋な青ですが、他の色を生成することもあります)に基づいています。青と紫のレーザーは、ダイオードレーザーまたはダイオード励起ソリッドステートレーザーからの赤外線レーザー波長の周波数倍増を使用して構築することもできます。

445nmの光を発するダイオードレーザーはハンドヘルドレーザーになりました。放出波長が445nm未満のレーザーは紫色に見えます(ただし、ブルーレーザーと呼ばれることもあります)。最も商業的に一般的なブルーレーザーのいくつかは、ブルー光アプリケーションで使用されるダイオードレーザーです。これらは405 nmで「紫色」の光を発します。この光の波長は、特定の化学物質がさらに紫外線に放射するように蛍光を発するのに十分短いです。同じ。 ("ブラックライト")。 400nmより短い波長の光は紫外線として分類されます。

レーザーポインター

ブルーレーザーポインターライトを使用するデバイスは、高密度の光学データストレージから医療アプリケーションに至るまで、多くの分野でアプリケーションがあります。

ブルーレーザーポインター使用

レーザーポインターを選択するときは、適切なサイズを決定することも重要です。持ち運びが簡単ですぐに使えるキーチェーンレーザーポインターを持ち運ぶことを選択する人もいます。たとえば、一部のハイカーやアウトドアスポーツ愛好家は、このレーザーポインターを体に付けたり、応急処置キットに入れたりします。このようにして、迷子になった場合、レーザーを使用して遠くにいる人々に信号を送り、彼らを見つけることができます。ペンレーザーポインターは、実際のペンと一緒に簡単に保管でき、ポケットに入れやすいため、オフィスで非常に人気があります。ただし、サイズが少し大きいため、プレゼンテーション中の持ちやすさが向上します。最後に、一般の消費者にとって、ポータブルで最も強力なレーザーポインターは、ハンドヘルドブルーレーザーポインターと呼ばれる大きな懐中電灯のサイズです。これらは、屋外での使用が法的に許可されていない高出力レーザーです。ほとんどの人はこのサイズのレーザーポインターを持ち歩きたくないですが、一部のレーザー愛好家は余分なボリュームに問題がないかもしれません。レーザーポインターのサイズも使用するバッテリーの種類に影響する場合がありますので、レーザーポインターを購入する前に必ず仕様を確認してください。

カラス撃退

ブルーレーザーは、実際にはブルーライトテクノロジーで使用されているのと同じタイプのレーザーです。つい最近、青レーザーポインターが利用可能になりました。青く見えるレーザーポインターの中には、実際には紫色で、可視スペクトルの最後の色であるものがあります。デモンストレーションインジケーターに関する限り、青または紫のレーザーポインターを使用するとペースをうまく変えることができますが、より強力な青のレーザーを使用することもできます。

最強レーザーポインターの出力によっては、これらのデバイスは非常に危険であり、視力の低下、皮膚の火傷、さらには発火を引き起こす可能性があります。これが、あらゆるタイプのレーザーを操作しなければならない人々が適切な予防措置を講じなければならない理由です。適切な保護装置を着用している場合にのみ、より高出力のクラスIIIレーザーを操作でき、いかなる強度のレーザーも人間の目に向けることはできません。前述のように、100 mWを超えるレーザービームは深刻な光学的損傷を引き起こす可能性がありますが、人間の目に直接照射された300mWのレーザーポインターはすぐに失明を引き起こす可能性があります。 3000mwレーザーポインターのビームでさえ、目に深刻な損傷を与える可能性がありますが、この損傷は通常永続的ではなく、時間内に治癒する可能性があります。個々のアイテムに対するメーカーの安全上の注意事項、およびレーザーに関する地方自治体の法律を確認することは、レーザーポインターの正しい操作の重要な部分です。ほとんどのブルーレーザーはブルーレーザーポインターですので、安全にご注意ください。



on October 15 at 7:38

Comments (0)